ロゴ

m&a情報navi

4つのメリットについて

m&aが選ばれるメリットについて

スーツの人達

譲渡企業経営者

譲渡企業の経営者は様々な問題を抱えています。そこで、m&aを利用することによって、その問題を解決することができるのです。ほとんどの企業で問題となっているのが、後継者問題です。m&aを利用することで新たな経営者に任せることができます。

会社

m&aを行うことで会社として更なる発展を遂げることができます。新事業に関わらず、買収する会社のこれまで築き上げてきたノウハウや取引先といったビジネスにおいて必要なものを備え持っています。それらを自社で有効活用することによって今以上に売上を上げることができるのです。人員もさらに増え、新たな事業として展開することができます。

社員

単独経営だと、経営者個人に健康不安が出てきた場合会社も共倒れのリスクがあります。しかし、m&aで資本と経営を分離しておけば、安定した存続と発展をすることができるのです。研修制度も充実して、即戦力の人材として活躍することができるのです。

地域社会

m&aで雇用の確保を実現し、そうすることで地域には人が集まり、経済活動が存続し活性化します。さらに、地域での取引先も増え、地域への1番の貢献をすることができるのです。

m&aの流れ

準備・相談

m&aをするにあたってまずm&aのコンサルタント会社に相談を行います。相談をする際には、どういったことで悩んでいるのかを具体的に話をしましょう。そうすることで、担当のスタッフを具体的な解決方法を提案してくれます。

契約と資料作成

依頼するとなれば、提携仲介契約を結びます。契約では、業務内容や着手金など手数料について記載されているので、確認をしてサインしましょう。その後は実際に資料を作成していきます。

候補先の抽出と選定

実際にマッチングを行っていくのですが、ここで大切なのがマッチングのプロセスをしっかりと行うということです。しっかりとしたマッチングを行うことで、お互いの問題を解決することができ、新たな発展をすることができます。

買い手への提案

実際にリストアップ企業には、企業の概要書を送ります。企業の概要書には、事業内容や事業フロー、得意先・仕入れ先といった情報を細かく掲載します。

交渉・成約

売却先の経営者と対面契約の締結に向けて、交渉を行っていきます。交渉には、様々な条件などの取り決めが行われ、その内容に関して合意できるのであれば、基本合意契約書にサインをして、m&aは成約となるのです。

広告募集中